検索
  • cbdeuphora

CBD とカナビノイドシステム



慢性的な痛みと付き合うことは困難であり、疲れを伴います。怪我や激しい運動からの回復、関節炎や線維筋痛症などの症状に悩まされることは、私たちの最高の人生を送ることを阻害する事があります。一部の人々は、自然治療法を求めて古代から使われているハーブに目を向けています。一方では、処方箋やオピオイドに代わるものを探している人もいます。オピオイドには、中毒、臓器不全、うつ病など、危険な副作用のリストがたくさん含まれています。


大麻に含まれる人気の鎮痛有効成分THCとは異なり、CBDは多幸感、パラノイア、運動能力の障害などの効果を誘発しません。大麻ではなく麻の植物から抽出されたブロードスペクトラムCBDオイルは、THCのような精神作用や中毒作用なしに、同じ薬効の多くを提供することができます。


人間の体(実際にはすべての哺乳類)は、CBDのような植物由来のカナビノイドに反応します。これは、私たちの体の恒常性維持を助ける神経伝達物質のネットワークであるエンドカナビノイドシステム(ECS)のおかげです。ホメオスタシスとは、私たちの体が最適な状態で機能していることを意味します。


深呼吸をして、自分の最適な状態を想像してみてください。私の場合は、自分の体にしっかりと根を張り、痛みから解放され、効率よく、思いやりと敬意をもって、人生の日々の難局を乗り切ることができる強靭な感情を持っています。私の経験では、鈍い痛みや鋭い痛みは、私の心身の健康を阻害し、一日をより楽しむための妨げとなっていました。


ECSは、痛みの感覚を含め、精神的、肉体的な機能を幅広く制御しています。この調節は、植物性カナビノイドの摂取や塗布によって補助されます。植物由来のCBDを私たちの体に加え、私たち固有のカナビノイド受容体と相互作用させるのです。


経口摂取した場合、CBDは粘膜や消化器官を通して血流に入り、全身に分布します。経口および舌下摂取は、体全体に広がる、あるいは深く、届きにくい問題に対処する素晴らしい方法です。皮膚に塗布すると、CBDは神経と筋肉に浸透します(血流には入りません)。皮膚に外用剤を塗布することは、特別な優しいケアを必要とする場所に、あなた自身の手で直接対処する素晴らしい方法なのです。





閲覧数:73回

最新記事

すべて表示